消費税率アップとポイントカード

2014年04月14日

4月1日に消費税率が5%から8%へと引き上げられました。

3月中は増税前に少しでも買いだめしておこうという消費者が多く、あらゆる商品で駆け込み需要がみられました。

企業では増税への切り替えをどのタイミングで行なうかが問題点になり、コンビニやタクシー会社などは4月1日午前0時に切り替えを行なったようです。
午後11時59分にレジに並んでいたのに日付が変わる前に会計を済ませれなかった人やタクシー乗車中に日付が変わった人はどうなったのでしょうか。
年末のカウントダウンの時に「新年を迎える瞬間は宇宙と一体になるんだ」とか言って、ジャンプをしながら年をまたぐ人はどうしちゃったのでしょうか。

バスや電車などの公共交通機関は4月1日の始発便から切り替えを行なったそうです。
午前0時で切り替えを行なうと駆け込み乗車をする人が出てくるからでしょうか。商品の買い控えが予想される中、未だに電車への駆け込み乗車を行なう人たちは増税をいつからだと思っているのでしょうか。

企業では消費者の買い控えを防ぐためにいろいろな策を立てているようです。一部の小売業では一定の購入額を超えると割引券を配布したり、新たにスタンプカードを作成してリピート客の促進を行なっています。一部のスーパーや外食チェーンでは、そもそも増税による値上げを行なわないところもあるようです。それはインド人もびっくりです。

関東では桜の花も散り始め、暖かくなってきましたが、増税で私の財布の中は寒くなって参りました。財布に入ってくるのは、割引券とスタンプカードばかりです。なのに使おうと思った時にはなぜか見つかりません。小銭入れから10円玉か5円玉を出そうとするときも、いつも間違えて友人から貰った茶色い1セントを出してしまいます。
どうも悩み事が増えて尽きないので駆け込み寺へ向かいたい。