水道橋の窓からvol.5

2019年07月19日

 いつもとちがう朝

こんにちは文々です。
みなさんは朝、テレビを観ますか?

我が家はCMが無いのと、朝ドラをなんとなく観ているという理由で、
よほどの事が無い限り朝はNHKです。
朝起きると、たいてい家族の誰かがNHKにチャンネルを合わせて、まず天気予報をチェック。あとは朝のあわただしい時間なので、観るとはなしに流れてくる情報を聞き流しています。

そんな毎朝の風景ですが、今月に入ってからはいつもと違います。

どうしてか?
3年に一度の参議院議員選挙に向けた政見放送が始まったからです。
いわずもがな、国会議員(参議院議員)を決める選挙です。
(参議院の任期は6年、3年ごとに任期終了した議員を選びなおします)


ニュースの合間にいろんな政党の人が自分の政党の話や、日本の今の諸問題について、それをどう解決しようと考えているかについて語っています。
今はいろんな方法が採用されていて、スタジオで録画したもの以外の影像もあたりします。
朝の政見放送の時間で、全ての党や候補者の分を見られるわけではないので、気になる人のものはインターネットで検索して見たりもします。
この期間、そのせいで番組が切られるのは残念なのですが、わたしはあの独特の雰囲気がけっこう好きです。

今、街のあちこちに候補者の公示掲示板もできていて、ポスターも貼られていますよね。
わたしはこの選挙ポスターを見るのも好きです。
レイアウトデザインや、色の使い方、フォントの勉強にもなります。
(この写真もうちょっと明るさ調整とかすればいいのにな、なんでわざわざこの位置に文字おくのかな?など、ツッコミたくなることも多々あり 笑)

ポスターだけでは候補者の政策などの情報が少ないので、先週末は選挙区と全国比例区の選挙公報でそれぞれの党や候補の政策など見比べてみました。
(この時期、各地域の選挙管理委員会から自宅ポストに投函されます。また駅の券売機などにも置かれています。写真は三田線水道橋駅)

IMG_2824.JPG

この選挙公報がまた、何を目立たせると効果的なのかなど、レイアウトデザインの勉強になります。
 

私が候補者に注目して選挙に行くのは、その方が面白いからです。
(ちなみに接戦といわれている候補を応援すると、開票ニュース観戦が一層盛り上がります!)

スポーツ観戦でもそうですが、応援している人やチームが合ったほうが当然楽しいのと同じです。
しかも、CDを買わなくても、入場券を買わなくても日本に国籍があって18歳以上なら選挙権があります!
(逆にどんなにお金を積んでも、日本国籍がないと投票できません)

どうせ投票するなら、応援する人を勝たせたくなりますし、投票結果が出るまではハラハラドキドキできます。
当選したらその人をその後もウォッチするようになり、次の選挙もまた楽しめます。

それに、意見を言わなければ、何も伝わらない=変わらないのです。
投じなかった一票は、存在しないことになり、無視されてしまいます。
飲食店に入って注文をしないで「この店はサービスが悪い!」と言っても仕方ないですよね?
欲しいものは、言葉にして、行動に移さなければ手に入らない。
自分の未来も、日本の未来も、地球の未来も、それは同じかなと思っています。
だったら、投票で少しでも自分の意思を示したほうがいいなと。
有権者は政治家から無視できない存在にならなければ。

自分の世代の声を政治に反映させたいから、まずは選挙に行く。
ただ行くだけはつまらないし手応えがないから、応援したい候補をみつけてその人に投票する。
それが私の出したシンプルな答えです。

参議院選挙の投票日は明後日7/21(日)です。
当日予定がある場合は期日前投票もできますよ。
(身分証明書があれば最寄の期日前投票所でできます)

明後日、日曜日の夜は、開票結果の観戦が今から楽しみです!

〈おまけ〉
センキョ割(投票証明書を持っていくとサービスをしてくれる)をしているお店もあるので、調べてみると、またもう一つ楽しみができて面白いですよ☆
センキョ割HP