愛してる>大好き>好き>普通>嫌い>無関心

2019年08月05日

 みなさん、こんにちは!

毎日自転車通勤片道30分。汗だく通勤で有名な、ジャッキーです!
皆さんも水分塩分チャージしながら、また、保冷剤を首に巻きながら、暑い夏を乗り切りましょう!(自転車通勤でのお薦め暑さ対策がありましたら、教えてくださいませ…)

さて、今日のブログは、本日から当社で始まった『あいさつプラスワンキャンペーン~ワントーン、ワンボリューム、ワンフレーズをプラスしよう~』をご紹介します。言うまでもなくプラスワンとは、ワントーン上げて、ワンボリューム上げて、ワンフレーズをプラスして、という意味です。
小学生の時にやった挨拶運動を思い浮かべる方もいるかもしれませんね。あいさつの大切さを伝える、全校をあげての重要な運動だったと思います。

そんな小学校の挨拶運動の様なキャンペーンを、そもそもなぜ今実施することになったのか。それは、来る11月に40名前後のお客様を当社戸田工場にお招きし、当社の働き方や女性活躍推進についての事例をご披露する、大変貴重な機会を頂いたためです。
この工場見学を、単なる工場見学で終わらせない為にPJを発足させ、様々な準備を進めているところですが(僭越ながらリーダーをやらせて頂いています)、その話し合いの中でメンバーから出てきたのが、「もっと気持ちの良い挨拶でお客様をお迎えしたい」それ以前に「社員同士、気持ちの良い挨拶を交わしたい」という共通の想いでした。

PJメンバーの一人が「あいさつ」についていろいろ調べてくれましたので、掻い摘んで皆さんにもお伝えします。
まずあいさつとは、「人の存在を認める行為」ということです。
人の好き嫌いの感情を簡単にカテゴライズすると、
愛してる>大好き>好き>普通>嫌い>無関心
こんな感じになるそうです。
愛してるの対極は嫌いではなくて、無関心。
あいさつをしない、返さないというということは、「あなたに関心がありません」「私とあなたは関係ないです」知らないうちにそんな意思表示になっている可能性があるとのこと。
自分を振り返ってみても、その時の機嫌などで感じの良くない対応になっていたことがあったな…と。もしその様な感情を相手にいただかせてしまっていたら、とても怖いな~と思いました。

そんなプチ情報も交えながら、今朝、全社員が集合する全体朝礼で、PJメンバーからこのキャンペーンについてアナウンスし、開始となりました!

11月の見学会はもちろん、その後もずっと、「気持ちの良い挨拶、対応が出来る会社」であり続ける為に、このキャンペーンを一つのきっかけにして、全社員で進めていこうと思っています!!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。