カタログ

カタログ

お客様の目的や狙いを汲み取り、効果的なカタログをご提供いたします

カタログは、商品の魅力や機能、仕様、付属品などを詳しく説明し、購買行動を促すための冊子です。
その商品の特徴を魅力的に伝えるコンテンツや写真、見やすく検索性の高い構造、購買行動を誘発するデザインがカタログ作成のポイントになります。

カタログの主な仕様

小冊子タイプのカタログ

小冊子タイプは二つ折りにした用紙の中央に針金止めをする中綴じ製本のカタログになります。
ページ数が少ないため、特定のブランドや商品シリーズ、サービスなどのカタログなどに使用されます。
A4サイズの8ページ、16ページなどが一般的に多く使われています。

中綴じ製本
中綴じ製本

冊子タイプのカタログ

冊子タイプは用紙の背をのり付けする無線綴じ製本のカタログになります。
ページ数が多いものなので、総合カタログなどに使用されます。
無線綴じは多くのページ数を確保できますが、中綴じと比較すると開き具合は劣ります。

耐久性と開きの良さを兼ね備えたPUR製本

無線綴じでは、中綴じよりも開き具合で劣ってしまいますが、PUR製本をご利用いただくと開きの良い冊子を作ることが可能です。

また、耐久性にも優れるため、年間で使用する総合カタログにはオススメです。
PUR製本の詳細は製本加工ページのPUR製本をご覧ください。

無線綴じ製本
無線綴じ製本

折りタイプのカタログ

折りタイプは一枚の用紙を折り加工したカタログになります。
一枚の用紙を折ることで多用な表現が可能です。主な折り加工は、2つ折り、巻き3つ折り、両観音折りなどが挙げられます。

コンパクトなサイズにおさめたり、内容を一覧できたりとページ物とは異なる見せ方が可能です。
折り加工の詳細は折り加工ページをご覧ください。

折りカタログ
2つ折り、巻3つ折り、両観音折り(左から)

ポケットフォルダタイプのカタログ

ポケットフォルダタイプは二つ折り見開きページにペラものの商品カタログなどを挟んでおけるポケットが付いたカタログです。

情報の修正が少ない基本的な内容は、ポケットが付く二つ折りのものに掲載し、新商品情報や修正や改変が多い情報をペラで挟むことでカタログ改訂時のコスト削減が可能です。
また、ペラものをカテゴリー別で作成することで検索性を高めることができます。

ポケットフォルダ
ポケットフォルダ

組み合わせで表現力・使い勝手を高めたカタログに

中綴じ+ポケットでコスト削減と情報更新性がアップ

中綴じ部に定番商品を掲載し、ポケットに新商品のペラカタログを挟むことで、カタログの全改訂をせずに必要な情報だけ追加できるのでコスト削減と情報の更新性を高めることができます。

中綴じ+ポケットフォルダ
中綴じ+ポケットフォルダ

中綴じ+観音折り・両観音折りで情報のスケール感をアップ

中綴じ冊子の途中ページに折りを加えたページを加えることで一部のページだけを大きく見せることができる組み合わせです。

一覧で見せたい情報や特にアピールしたい情報などを観音開き・両観音開きで見せることで情報のスケール感をアップすることができます。

中綴じ+観音折り、中綴じ+両観音折り
中綴じ+観音折り(左)、中綴じ+両観音折り(右)

ご用意いただく素材について

カタログの制作をご依頼のお客様は、以下の素材をご用意ください。また、素材の作成や企画からのご依頼も承っておりますので、ご検討のお客様は、カタログの製作についての「企画から依頼したい」からご覧ください。

お客様がご用意いただく素材作成も承ります
ロゴデータ企業ロゴ、ブランドロゴなど
対応データ形式
  • ベクトルデータ(イラストレーター形式)
  • 上記がない場合は解像度の高い画像データ
ロゴデザイン、ロゴトレース
テキストデータ会社概要などの会社情報、商品説明、商品仕様、サービス内容、価格表
対応データ形式
  • テキストエディタ
  • word
  • イラストレーター
コピーライティング
写真データ商品写真、イメージ写真など
対応データ形式
  • jpegなどの画像データ形式(解像度の高いものが必要です)
  • データがない場合はスキャニングも可能です
写真撮影
イラストデータイメージイラスト、キャラクターなど
対応データ形式
  • ベクトルデータ(イラストレーター形式)
  • jpegなどの画像データ形式(解像度の高いものが必要です)
  • イラスト作成
  • 図表作成(参考資料をご用意ください)
  • 手書きイラストはトレースしてデータ化します

実績・サンプル紹介

  • カタログ実績
  • カタログ実績
  • カタログサンプル
  • カタログサンプル

カタログの製作について

印刷物の製作は、お客様によって、ご依頼内容に違いがあるため、当商品ページではご依頼内容に合せた、製作フローをご紹介しております。下記のメニューから、お客様のご依頼内容に合った項目をお選びいただき、内容をご確認ください。

企画・提案

カタログ作成の企画・提案

カタログ作成にあたり、始めにお客様との打ち合わせとヒアリングを実施させていただきます。
カタログ作成は「カタログを作成する目的は何か」「誰に見てもらうカタログか」「カタログで何を伝えたいか」「どのように使用するものか」を明確化することから始まります。

エンドユーザーに配布して商品の魅力を伝え、購買行動を誘発するカタログ、営業さんがお客様に商品の魅力を直に伝えるための営業ツールなど、「商品を売る」というゴールに繋げるためには、これらを明確化しておく必要があります。

上記の要素が固まったら「どのように伝えるか」を考えます。魅力的なコピーやデザインはもちろんですが検索性の高さやお客様が注文し易いページの構成や導線の確保も必要になります。また、見やすいサイズや製本、ページ数など印刷の要素も重要なポイントになります。

カタログ企画の要素

デザイン・撮影

デザイン

見やすく、商品の魅力を伝えるレイアウトや購買までの導線などの紙面設計、カテゴリー分類と検索性を高めたデザインなどカタログに必要なポイントを押さえたデザインを行います。
始めはラフスケッチを提出いたします。その後、決定したラフ案を作り込んでいき最終的なデザインにまとめます。

注文までの導線の工夫

お客様が商品の注文をする時に、ストレスなくスムーズに注文が完了できる工夫が必要です。
例えば商品の見せ方で、その商品の使用時や他の商品との組み合わせなどを掲載し、お客様がご自身で使用しているイメージが湧くようにするといったことが考えられます。
注文用のはがきもただ単に入れておくのではなく、詳細な記入例を掲載することで購買意欲を削がない工夫が可能です。

導線の工夫

撮影

弊社では、撮影の依頼も承っております。
撮影の内容やご予算をご提示いただければ、御見積りいたします。また、適切なアングルやシチュエーションなどのご提案も可能です。

組版

組版

テキストデータや画像データをご入稿いただき(または弊社で準備したもの)、デザインの工程で作成した原稿を基にテキストデータの加工、流し込み、調整、画像の配置といった組版作業をAdobe InDesignを使用して行います。
ページ数が多いカタログの作成は、紙面設計と各要素のルールをきちんと設定し、品質の高い組版をご提供いたします。

画像加工

画像の色調の補正や合成をAdobe Photoshopを使用して行います。画像データの質や加工内容によって、加工ランクが異なり費用が変わります。特に合成が必要なものはコストが高くなりますのでご了承ください。

ランク詳細
軽度
  • 画像全体を一括して行える色加工。(画像の一部だけ色を変えるといった部分的な加工を必要としないもの)
  • 空に浮かんでいる物体を消去するなどの軽度な画像加工。
  • 加工対象物が単体であり、「バナナ・ペットボトル・車」などといった一周で切り抜きできる画像。
中度
  • 部分的な対象物に対する色加工。(例:複数の赤いリンゴのいくつかを青リンゴに色加工するといったもの)
  • 画像内に存在する物体を利用して加工を施す。(例:画像内の雲や湯気、水滴などの量を増やす、量を減らす、薄く目立たなくするなどといった加工)
  • 対象物が「高層ビル群・チェーンネックレス」など、複雑な切り抜きが必要な画像。
高度
  • 対象物が「複数の花・生茂る草木・背景との分離」など、画像内の各物体に切り抜きを施し、各物体に色加工が必要な画像。
  • 画像内に存在しない物体の追加といった合成作業が必要なもの。(新しくものを追加する場合、色調を合わせたり、影を加えたりする必要があります)
  • 複雑な背景の消去といった合成作業が必要なもの。(例:張り巡っている電線の消去といった複雑なもの)
  • 複雑な背景の創作作業が必要なもの。(複雑な背景に重なっている物体の消去などは、消去後に消去箇所の背景を疑似的に作成する必要があるため高度な画像合成・加工が必要になります)

校正

弊社で見本出力を行い、お客様に見本出力に問題がないかチェックしていただきます。
修正箇所がある場合は赤字を入れていただき、弊社で修正作業を行います。
見本出力の詳細はご注文の流れの「5.見本出力」をご覧ください。

制作コストに関して

テキストや画像などの素材をお客様の方でご用意いただく場合、テキストや画像がデータであり、単純な文字修正などを先に済ませていただくと、校正の回数も減り、制作コストを抑えることが可能です。
テキストや画像のデータがご用意いただけない場合、内容によっては追加料金が発生しますのでご了承ください。詳細は下記の表をご覧ください。

テキストデータがなく原稿が手書きであるテキスト入力が必要になります
画像データの質が悪い画像補正に時間がかかるため、加工ランクが変更されます
画像に合成や書き込みをしてほしい画像合成に時間がかかるため、加工ランクが変更されます
校正が進んだ段階で作り直しや差し替えが発生する大部分の作り直しや差し替えは初校扱いになります

印刷

大ロットの印刷はオフセット印刷をご利用ください

大ロットの印刷やページ数が多いカタログの印刷、品質の高さをお求めのお客様はオフセット印刷をご利用ください。
印刷機の詳細は会社情報の設備案内をご覧下さい。

特色印刷について

特色とは、プロセスカラー(CMYK)の掛け合わせでは、表現できない色を表現するために調合されたインキのことをいいます。蛍光色やメタリックカラーなどの特殊なインキやプロセスカラーでは表現できない鮮やかな色のインキなどが挙げられます。一部の色にこだわりがある場合や特殊インキで付加価値を加えたい場合には、特色印刷をご利用ください。

ただし、特殊なインキや新たにインキを調合し使用するため、別途特色作成代金が発生いたしますのでご了承ください。
プロセス+特色1色であれば、弊社の5色印刷機(菊全判)で対応可能です。

印刷物のディテールを高める高品質印刷

画像の再現性にこだわりたいお客様は、高品質印刷をご利用ください。
高品質印刷とは、通常の印刷よりも細かいドット(網点)で画像を再現する印刷技術です。グラデーションが滑らかになる、色再現域が広がる、写真のディテール表現に富むなどの特徴があります。
詳細は高品質印刷ページをご覧ください。

高品質印刷

環境アピールなら水なし印刷

エコ商品などのカタログで環境対応やエコアピールをお考えのお客様には、水なし印刷をお勧めいたします。

水なし印刷は通常の印刷で使用するIPAという環境負荷の高いアルコールを使用しないため環境に優しい印刷といえます。また、水なし印刷をご利用になるとそれを証明するバタフライマークを掲載いただけます。
環境アピールをお考えのお客様は、ぜひご相談ください。詳細は水なし印刷ページをご覧ください。

バタフライマーク

さらに環境アピール!! 環境対応印刷プランの「ECOnoMOTO」

「ECOnoMOTO」は、水なし印刷とカーボンオフセットを組み合わせた環境対応印刷プランです。
「ECOnoMOTO」を利用して、印刷物を作ることで、環境に優しい水なし印刷とカーボンオフセットでのCO2の相殺という2つの環境対応をアピールできます。
詳細は環境対応印刷プランページをご覧ください。

環境対応印刷プラン「ECOnoMOTO」

小ロットの印刷はオンデマンド印刷がお得

短期のイベント用に100部欲しいなど、小ロットの印刷は、オンデマンド印刷がお得です。
弊社ではカタログのオンデマンド印刷に、デジタル印刷機(FUJIXEROX Color C75 Press)を使用いたします。ペラものはもちろん、A4サイズまでの中綴じ冊子が出力できます。詳細はオンデマンド印刷ページをご覧ください。

オンデマンド印刷でのカタログ作成事例のご紹介

オンデマンド印刷でのカタログ作成事例をご紹介いたします。

シルバーアクセサリブランド『SKURANGER』商品カタログの制作

商品カタログの印刷依頼と併せ、リニューアルに伴うカタログのデザインや素材作成、画像補正など、商品の紹介テキストと商品の写真撮影以外のカタログ制作に伴う作業全般に関して依頼を受け、対応いたしました。

お客様が個人事業のため、少部数の印刷でどこまで一部当たりのコストを抑えることが出来るか、という点が一番の重要なポイントになりました。
そこで、費用面と迅速な対応が可能なオンデマンド印刷機を利用し、50部程度の少部数印刷を行いました。

カタログのデザインは、アクセサリーの写真が強調でき、見やすさも重視したミニマルなデザインをご提案いたしました。また、ロゴのデザインも承りました。

印刷に関しては、印刷コストを抑えたいというご要望にお応えするため、デジタル印刷機の中綴じ製本機能は使用せずに用紙一枚に全てのページを付け合わせて印刷することで印刷コストを抑えました。
製本は手折りで8つ折りにしてからホチキス止め(中綴じの位置に)をし小型断裁機で整えております。

※本件では少部数であったので手折りで対応いたしましたが部数やページ数が多いものはデジタル印刷機の中綴じ製本機能を利用した方がコストが抑えられます。

シルバーアクセサリーカタログのデザイン事例

SKURANGER Webサイト <URL:http://www.skuranger.com/>

色校正について

色校正をご依頼の場合、詳細はご注文の流れの「5.見本出力」をご覧ください。

後加工

印象的・魅力的な表紙には表面加工を

表紙に高級感を持たせたい、耐久性を持たせたいといった場合は、用途に応じて表面加工を施すことができます。表面加工には、PP加工、ニス引き、箔押し、エンボス・デボス加工など様々な加工方法があります。表紙全体に加工を施したり、ロゴやタイトルのみに加工を施して一部分を印象的にしたりとアイデア次第で魅力的な表紙に仕上げることが可能です。
その他、表面加工の詳細は表面加工ページをご覧ください。

カタログの仕様に合せた製本加工

ページ数が少ないカタログは中綴じ、ページ数の多いカタログは無線綴じといったようにカタログの仕様に合せた製本加工をご提案いたします。
上記の製本加工の詳細は製本加工ページをご覧ください。

折り加工で冊子とは異なる見せ方を

様々な折り加工を施すことで紙面の見せ方を変えたり、歩きながら閲覧できるといった機能を持たせたりすることで、冊子には出せない表現性や利便性を付加することが可能です。
折り加工の詳細は折り加工ページをご覧ください。