パネル・ポップ

パネル・ポップ

紙でもデジタルでも、ご要望のパネル・ポップをご提供いたします

店舗やイベント会場で商品をアピールしたい、商品のすぐそばで商品のメリットを説明したいといった時に使われるのがパネル・ポップです。
特別な形状にすることで視線を集めることもできるので、オススメ商品や売り込みたい商品の販促ツール、店舗内のサインとしてご活用いただけます。

パネル・ポップの主な仕様

パネル加工

パネル加工は、印刷したポスターなどの裏面にスチレンボード(発泡スチロール板の両面に上質紙が貼られているボード)を貼付ける加工法です。

展示会や店舗でプレゼンボードや宣伝ポップ、誘導サインなどとして用いられます。
強度を持たせるフレームの取り付けにも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

規格サイズ(mm)規格サイズ(mm)
A3297×420B3364×515
A2420×594B2515×728
A1594×841B1728×1030
A0841×1189B01030×1456

※パネルに貼るポスターなども必要な場合はポスターページをご覧ください。

パネル加工

ポップ

ポップは、オススメ商品などの情報を店員に代わって提供し、購買意欲を促進させる店舗用販促ツールです。また、店舗イメージやイベント、季節感などを表現するための飾りとしても用いられます。
このように、ポップは購買意欲を促進させるための重要なツールであり、多くの種類があります。

ポップの種類

ご用意いただく素材について

パネル・ポップの制作をご依頼のお客様は、以下の素材をご用意ください。また、素材の作成や企画からのご依頼も承っておりますので、ご検討のお客様は、パネル・ポップの製作についての「企画から依頼したい」からご覧ください。

お客様がご用意いただく素材作成も承ります
ロゴデータ企業ロゴ、ブランドロゴなど
対応データ形式
  • ベクトルデータ(イラストレーター形式)
  • 上記がない場合は解像度の高い画像データ
ロゴデザイン、ロゴトレース
テキストデータ会社、イベント、商品などの情報、パネル・ポップ内容
対応データ形式
  • テキストエディタ
  • word
  • イラストレーター
コピーライティング
写真データ商品写真、イメージ写真など
対応データ形式
  • jpegなどの画像データ形式(解像度の高いものが必要です)
  • データがない場合はスキャニングも可能です
写真撮影
イラストデータイメージイラスト、キャラクターなど
対応データ形式
  • ベクトルデータ(イラストレーター形式)
  • jpegなどの画像データ形式(解像度の高いものが必要です)
  • イラスト作成
  • 図表作成(参考資料をご用意ください)
  • 手書きイラストはトレースしてデータ化します

実績・サンプル紹介

パネル・ポップの製作について

印刷物の製作は、お客様によって、ご依頼内容に違いがあるため、当商品ページではご依頼内容に合せた、製作フローをご紹介しております。下記のメニューから、お客様のご依頼内容に合った項目をお選びいただき、内容をご確認ください。

企画・提案

パネル・ポップ作成の企画・提案

パネル・ポップの作成にあたり、始めにお客様との打ち合わせとヒアリングを実施させていただきます。
パネルに関しては、パネルに貼るポスターからの作成が可能です。ポスターの作成に関してはポスターページをご覧ください。
ポップ作成のヒアリングでは、使用場所、使用用途、使用時期、デザインイメージなどをお伺いし、用途に合わせた企画・提案をさせていただきます。

パネル・ポップの企画

デザイン・撮影

デザイン

興味を引くアイキャッチ、季節感や店舗イメージの演出、購買意欲の促進などを考慮した魅力的なデザインを行います。また、形状を工夫することで視線を誘導するなど効果を高めるデザインも可能です。

形状の工夫

パネルやポップは長方形などの単純な形状でも目を引きますが、抜き加工を利用して形状を工夫することで視線を誘導する効果を高めることが可能です。
例えば、商品にマスコットキャラクターを設定している場合は、キャラクターの形状にカットしたり、デザート系の商品であれば使っている果物の形状にしたりなどが考えられます。

形状の工夫

用紙の選定

ツヤのある用紙、凹凸のある用紙、クラフト系の用紙など、用紙の選定でデザインの質を変えることが可能です。

撮影

弊社では、撮影の依頼も承っております。
撮影の内容やご予算をご提示いただければ、御見積りいたします。また、適切なアングルやシチュエーションなどのご提案も可能です。

画像加工

画像の色調の補正や合成をAdobe Photoshopを使用して行います。画像データの質や加工内容によって、加工ランクが異なり費用が変わります。特に合成が必要なものはコストが高くなりますのでご了承ください。

ランク詳細
軽度
  • 画像全体を一括して行える色加工。(画像の一部だけ色を変えるといった部分的な加工を必要としないもの)
  • 空に浮かんでいる物体を消去するなどの軽度な画像加工。
  • 加工対象物が単体であり、「バナナ・ペットボトル・車」などといった一周で切り抜きできる画像。
中度
  • 部分的な対象物に対する色加工。(例:複数の赤いリンゴのいくつかを青リンゴに色加工するといったもの)
  • 画像内に存在する物体を利用して加工を施す。(例:画像内の雲や湯気、水滴などの量を増やす、量を減らす、薄く目立たなくするなどといった加工)
  • 対象物が「高層ビル群・チェーンネックレス」など、複雑な切り抜きが必要な画像。
高度
  • 対象物が「複数の花・生茂る草木・背景との分離」など、画像内の各物体に切り抜きを施し、各物体に色加工が必要な画像。
  • 画像内に存在しない物体の追加といった合成作業が必要なもの。(新しくものを追加する場合、色調を合わせたり、影を加えたりする必要があります)
  • 複雑な背景の消去といった合成作業が必要なもの。(例:張り巡っている電線の消去といった複雑なもの)
  • 複雑な背景の創作作業が必要なもの。(複雑な背景に重なっている物体の消去などは、消去後に消去箇所の背景を疑似的に作成する必要があるため高度な画像合成・加工が必要になります)

校正

弊社で見本出力を行い、お客様に見本出力に問題がないかチェックしていただきます。
修正箇所がある場合は赤字を入れていただき、弊社で修正作業を行います。
見本出力の詳細はご注文の流れの「5.見本出力」をご覧ください。

制作コストに関して

テキストや画像などの素材をお客様の方でご用意いただく場合、テキストや画像がデータであり、単純な文字修正などを先に済ませていただくと、校正の回数も減り、制作コストを抑えることが可能です。
テキストや画像のデータがご用意いただけない場合、内容によっては追加料金が発生しますのでご了承ください。詳細は下記の表をご覧ください。

テキストデータがなく原稿が手書きであるテキスト入力が必要になります
画像データの質が悪い画像補正に時間がかかるため、加工ランクが変更されます
画像に合成や書き込みをしてほしい画像合成に時間がかかるため、加工ランクが変更されます
校正が進んだ段階で作り直しや差し替えが発生する大部分の作り直しや差し替えは初校扱いになります

印刷

大ロットの印刷はオフセット印刷をご利用ください

大ロットのポップの印刷はオフセット印刷をご利用ください。
印刷機の詳細は会社情報の設備案内をご覧下さい。

特色印刷について

特色とは、プロセスカラー(CMYK)の掛け合わせでは、表現できない色を表現するために調合されたインキのことをいいます。蛍光色やメタリックカラーなどの特殊なインキやプロセスカラーでは表現できない鮮やかな色のインキなどが挙げられます。一部の色にこだわりがある場合や特殊インキで付加価値を加えたい場合には、特色印刷をご利用ください。

ただし、特殊なインキや新たにインキを調合し使用するため、別途特色作成代金が発生いたしますのでご了承ください。
プロセス+特色1色であれば、弊社の5色印刷機(菊全判)で対応可能です。

印刷物のディテールを高める高品質印刷

画像の再現性にこだわりたいお客様は、高品質印刷をご利用ください。
高品質印刷とは、通常の印刷よりも細かいドット(網点)で画像を再現する印刷技術です。グラデーションが滑らかになる、色再現域が広がる、写真のディテール表現に富むなどの特徴があります。
詳細は高品質印刷ページをご覧ください。

高品質印刷

環境アピールなら水なし印刷

エコ商品やエコイベントなどのポップで環境対応やエコアピールをお考えのお客様には、水なし印刷をお勧めいたします。

水なし印刷は通常の印刷で使用するIPAという環境負荷の高いアルコールを使用しないため環境に優しい印刷といえます。また、水なし印刷をご利用になるとそれを証明するバタフライマークを掲載いただけます。
環境アピールをお考えのお客様は、ぜひご相談ください。詳細は水なし印刷ページをご覧ください。

バタフライマーク

さらに環境アピール!! 環境対応印刷プランの「ECOnoMOTO」

「ECOnoMOTO」は、水なし印刷とカーボンオフセットを組み合わせた環境対応印刷プランです。
「ECOnoMOTO」を利用して、印刷物を作ることで、環境に優しい水なし印刷とカーボンオフセットでのCO2の相殺という2つの環境対応をアピールできます。
詳細は環境対応印刷プランページをご覧ください。

環境対応印刷プラン「ECOnoMOTO」

小ロットの印刷はオンデマンド印刷がお得

個別の店舗用に1部だけ欲しいなど、小ロットの印刷は、オンデマンド印刷がお得です。
弊社ではポップのオンデマンド印刷に、デジタル印刷機(FUJIXEROX Color C75 Press)と大判インクジェットプリンター(MAXART PX-H10000)を使用いたします。詳細はオンデマンド印刷ページをご覧ください。

色校正について

色校正をご依頼の場合、詳細はご注文の流れの「5.見本出力」をご覧ください。

後加工

印象的・魅力的なポップには表面加工を

ポップに高級感を持たせたい、耐久性を持たせたいといった場合は、用途に応じて表面加工を施すことができます。表面加工には、PP加工、ニス引き、箔押し、エンボス・デボス加工など様々な加工方法があります。
用紙全体に加工を施したり、ロゴやタイトルのみに加工を施して一部分を印象的にしたりとアイデア次第で魅力的なポップに仕上げることが可能です。
その他、表面加工の詳細は表面加工ページをご覧ください。

抜き加工を施した特殊な形状のパネル・ポップで視線を誘導

キャラクターの形をしたポップなどといった、特殊な形状にできるのが抜き加工です。ブランドイメージの確立にも有効な手段と成り得ます。
抜き加工の詳細は抜き加工ページをご覧ください。