デジタル商品

デジタル商品

デジタル機器を利用した、販売促進をご提案いたします

店舗や売場などの販売促進にデジタル機器を利用することで、印刷物とは異なる表現やアピールが可能です。
店頭でサインとして利用できるデジタルサイネージ機器や商品棚に設置して購買意欲を促進するデジタルフォトフレームを利用したポップなど、利用用途に合わせたご提案をさせていただきます。

デジタル機器を利用した情報発信の特徴

動画や音声など印刷物とは異なる表現が可能

商品の使い方などを動画で見せたり、熱々の料理を動きと音で見せたりと、印刷物にはない情報の見せ方ができます。

情報発信が容易になる

店舗での情報発信を印刷物で行う場合は、パンフレットやチラシの陳列やポップの設置、ポスターの設置など、情報が新しくなるたびに設置作業が発生します。
しかし、デジタル機器は設置場所を決めて設置してしまえば、後は配信したいデータを端末に送るだけなので毎回の陳列・設置作業を抑えることが可能です。

フォトフレームを利用した店頭ディスプレイツール「PF-POP」

PF-POPとは、デジタルフォトフレームを使用した店頭ディスプレイツールです。デジタルフォトフレームでは動画も再生することができるため、多彩な表現で商品情報を伝えることができます。

また、用途に適した大きさを選ぶことができるため、商品棚に置くこともでき、消費者の購買直前の購買意欲を高める可能性があります。

「デジタルサイネージに興味はあるけど、本格的なものはコストが高すぎる」とお悩みのお客様は、ぜひご相談ください。

店頭ディスプレイツール「PF-POP」

PF-POPのメリット

  • 本格的なサイネージ機器と比べて、低コストで導入できる
  • 配信技術や知識がなくても扱いやすい
  • 省スペースで多くの情報を扱える

配信データの作成

本デジタルフォトフレームでは、スライドショー機能を使った画像の表示やFlashなどで作成したムービーの再生が可能です。
お客様が撮影された画像データを使用することも可能ですし、ご相談いただければ弊社でFlashムービーの作成も可能です。サンプルムービーで流れているムービーも弊社で作成したものです。
ご要望がございましたらお気軽にご相談ください。

掲載サンプルの詳細

サンプルで使用したフォトフレームは、FUJIFILM デジタルフォトフレーム DP-7Vです。
動画再生時のサンプルムービーはこちらです。サンプルを見る▶