入稿データ確認ポイント

入稿データが完全データとなるよう、データの確認ポイントを掲載しております。
データに不備がありますとスケジュールに遅延が発生しますので、データ入稿前に必ずチェックポイントの確認をお願い致します。
サイン・ディスプレイサービスの入稿データの作成にはAdobe Illustratorを推奨しております。そのため当ページの内容もIllustratorを基準とした情報になります。

ご注文サイズでの作成

ご注文頂いた仕上がりサイズでデータを作成してください(トンボと塗り足しは必要です)。
異なるサイズでご入稿頂いた場合、当社でのサイズの調整は行っておりません(画像やイラストなどがあった場合にトラブルの原因となる可能性があります)ので、お客様の方でデータを修正、再入稿して頂きます。
また、当サービスではテンプレートデータ(トンボ作成済み)をご用意しておりますので、ぜひご活用ください。

データは持っているが編集環境がないといった場合

「以前他社で作成してもらったデータは持っているが、Illustratorを持っていないのでサイズの調整ができない」といったように編集ができない状況でお困りになられてる場合などは、ご相談ください。
データを確認し、こちらで編集可能であれば対応いたします。
ただし、編集が難しいものは別途編集費用を頂く場合がございます。

トンボと塗り足しの作成

出力物をご指定のサイズに断裁するためには、「トンボ」が必要になりますので必ず作成してください。
また、仕上がりいっぱいまで背景色や画像があるものは、必ず「塗り足し」を作成してください。

「塗り足し」とは、断裁時のズレなどで白フチが出ないように仕上がりサイズよりも外側に余分に画像や背景を足しておくことをいいます(基本的には上下左右3mmずつ塗り足しを設けます)。

トンボと塗り足しの作成

※テンプレートデータをご利用になる場合、トンボは作成済みですので新たにトンボを作成する必要はありません。ただし、バナースタンドでメディアの長さを規格寸法内で調節する場合はトンボの再作成が必要になります。

トンボの作成方法

トンボの作成方法は、イラストレーターのバージョンによって違いがありますので、ご使用のバージョンをご確認頂き、以下の手順で作成して下さい。

手順1

仕上がりサイズと同じサイズのボックスを「長方形ツール」で作成します(ボックスの塗りと線はなしにします)。

トンボ作成用のボックス作成

手順2

アートボードとボックスがぴったり重なるように配置します(事前にアートボードのサイズが仕上がりサイズと同じサイズになっているか、ご確認ください)。

手順3

ボックスを選択した状態で次の操作を行ってください。

  • CS5・CS6の場合:

    上部メニューの「オブジェクト」>「トリムマークを作成」を実行。

  • CS4の場合:

    上部メニューの「効果」>「トリムマーク」を実行し「トンボ」を作成後、それを選択した状態で「オブジェクト」>「アピアランスを分割」を実行。

    ※CS5・CS6でも可能です。

  • CS〜CS3の場合:

    上部メニューの「フィルタ」>「クリエイト」>「トリムマーク」を実行。

カラーモードの選択

当サービスでは、「CMYKカラーモード」、「RGBカラーモード」どちらでも対応可能です。
ご使用になる画像などの素材もファイルと同じモードのデータをご使用ください(テンプレートの初期モードはRGBになっています)。
カラーモードは、ファイル>ドキュメントのカラーモードから選択できます(下図参照)。

※お客様のご使用環境で表示されている色を保証するものではありません。あくまで弊社の設備によります。

カラーモードの選択

フォントのアウトライン化

フォントデータを持ったファイルを作成時の環境とは異なる環境で開くと、使用しているフォントの有無や環境設定の違いによって、文字化けが生じたり、位置がずれたりと様々な問題が発生します。
これらの問題を解決する方法がフォントのアウトライン化です。フォントのアウトライン化とは、フォントを図形化することをいいます。

フォントデータ(左)をアウトライン化(右)
フォントデータ(左)をアウトライン化(右)

アウトライン化の注意点

フォントをアウトライン化しますと図形化されますので、フォント情報は失われキーボード入力での文字修正が不可能になります。そのため、作成したファイルをアウトライン化する場合は別名保存し、アウトライン化する以前のデータを必ず残して下さい。

※上記の理由で弊社での文字修正は行えませんので、ご了承ください。

フォントのアウトライン化手順

フォントのアウトライン化の手順を下記に記します。必ず全てのフォントをアウトライン化してください。

手順1

必要なテキストやオブジェクト、レイヤーなどを全て表示します。

※不要なものや不要なレイヤーは全て削除してください。

レイヤーの表示

手順2

レイヤーのロックを全て解除します。

レイヤーのロック解除

手順3

上部メニューの「オブジェクト」>「すべてをロック解除」を実行し、オブジェクトのロックを解除します(ロックされているものがない場合はグレーアウトしています)。

手順4

上部メニューの「選択」>「すべてを選択」または、すべてを選択できるようドラッグして選択する。

手順5

上部メニューの「書式」>「アウトラインを作成」を実行し、フォントがアウトライン化されます。

アウトラインの作成

アウトライン化の確認

アウトライン化されていないフォントがないか、確認・検索することが可能です。
上部メニューの「書式」>「フォント検索」を実行し、ドキュメントのフォント(使用中のフォント)が空欄になっていることを確認してください。
フォント名が表示される場合は、アウトライン化されていないフォントが存在します。
フォント名をクリックしますと自動的に移動しますので再度アウトライン化を行ってください。

フォント検索でアウトライン化を確認

上記以外の方法として、上部メニューの「選択」>「オブジェクト」>「テキストオブジェクト」でも、アウトライン化されていないフォントを選択することができます。

アウトライン化手順が異なる機能

Illustratorの一部の機能を使用すると上記の手順でアウトライン化できない場合があります。
それらの機能をご利用になられた場合は、下記を参考にアウトライン化を行ってください。

該当する機能とアウトライン化手順

  • エンベロープ:

    フォントにエンベロープ機能を利用した場合は、フォントを選択した状態で上部メニューの「オブジェクト」>「エンベロープ」>「拡張」を実行するとアウトライン化されます。

  • グラフ:

    グラフ機能を利用した場合は、グラフを選択した状態で上部メニューの「オブジェクト」>「グループ解除」を実行し、「書式」>「アウトラインを作成」でアウトライン化します。

  • パターン:

    フォントをパターン化して利用した場合は、パターンを使用したオブジェクトを選択した状態で上部メニューの「オブジェクト」>「分割・拡張」を実行し、「書式」>「アウトラインを作成」でアウトライン化します。
    パターン化する前にフォントをアウトライン化しておくと、この操作が必要ありませんので先にアウトライン化することをお勧めします。

画像データの確認

画像データが適切に準備されているかご確認ください。
入稿データの画像は「リンク画像」とし、「埋め込み画像」でのご入稿はお控えください。

「リンク画像」は、データの入稿時にIllustratorファイルと合せてご入稿頂きます。使用した画像データ全てをご用意頂く必要がありますので画像データの抜けがないようご注意ください。

また、Illustratorファイルの作成後にファイルの移動を行ったり、フォルダやファイルの名前を変更したりすると「リンク切れ」の原因となりますのでご注意ください。

リンク画像の設定

画像を「リンク」で扱う方法

上部メニューの「ファイル」>「配置」で画像を挿入するか、レイアウトデータ上に直接ドラッグ&ドロップすることで画像を「リンク」で扱うことができます。

リンク画像

リンクの確認

「リンク」の確認は、リンクパネルで可能です(上部メニューの「ウィンドウ」>「リンク」で表示できます)。

リンクパネル

リンク切れと再設定

「リンク切れ」が発生している場合は、名前の横に?アイコンが表示されます。
リンクパネルで該当する画像を選択した状態で下部のメニューから「リンクを再設定」を実行し、画像を配置し直してください。

リンク切れとリンクの再設定

リンク元の変更とリンクの更新

また、下記のような!アイコンが表示されている場合は、リンク元の画像に変更があったことを指しています。下部のメニューから「リンクを更新」を実行して、リンクを更新してください。

リンクの更新

埋め込み画像

画像が「埋め込み」の場合は下図のようなアイコンが表示されます。ファイル内に「埋め込み」の画像がある場合は、「リンク」の状態に修正してください。

埋め込み画像

リンク画像と埋め込み画像の違い

リンク画像

「リンク」とは外部から画像データを読み込み、疑似的に表示する方法で、ファイルサイズが小さく作業効率性が高い、後から画像の修正を行っても簡単に更新できるといった特徴があります。
ただし、Illustratorファイルと画像データを同じフォルダ内で管理することやファイル名の変更などに気をつけないと「リンク切れ」が発生するため、ファイルの適切な管理が必要になります。

埋め込み画像

「埋め込み」とはIllustratorファイル内に画像データを取り込み、1つのファイルとして一体化させる方法です。
「埋め込み」は「リンク」のように画像データを一緒に管理する必要がないため「リンク切れ」のような現象が起こりません。ただし、ファイルサイズが大きくなり作業効率性が落ちます。
また、後から画像の修正を行った場合は配置し直す必要があります。

画像の解像度

サイン・ディスプレイは商品サイズが大きく、離れた位置から見るといったシーンでのご利用が多い商品です。
そのため、画像の解像度は原寸で200dpi〜350dpi(ppiでも同様)までを推奨しております。

画像作成時の注意点

印刷物の画像を作成する場合、印刷に適した解像度を備えた元画像を加工してご使用頂くことをお勧めします。
昨今では、Webに掲載されている画像をご利用頂くケースが増えていますが、Web用の画像は基本的に72dpiといった低い解像度のものを使用しているため、印刷物で利用しますと画像が粗くなったり、ぼけたりします(素材集サイトなどでダウンロードした解像度の高いものは問題ありません)。

また、画像はPhotoshopなどの画像加工ソフトで編集したものをご入稿ください。
画像は加工と保存を繰り返すと劣化に繋がりますので、まずはレイアウトデータを完成させ、最後に画像加工作業を行うといった流れをお勧めします。

Photoshopでの画像解像度のチェック方法

Photoshopで画像を開き、上部メニューの「イメージ」>「画像解像度」で確認できます。

画像解像度の確認

画像解像度調整方法

ご入稿頂く画像は原寸(紙面にレイアウトされた状態のサイズ)で200dpi〜350dpiの解像度になるよう編集して頂く必要があります。下記にご参考に編集作業を行ってください。
また、画像解像度調整作業は必ずレイアウトデータの完成後に行ってください。

レイアウトされた画像の倍率を確認する(Illustratorでの作業)

Illustratorで完成させたレイアウトデータにある画像を選択し、リンクパネルのオプションから「リンク情報...」を選択します。

リンク情報の表示

表示されたリンク情報ウィンドウの「変形」項目に倍率が%表記で記載されているのでメモを取ります。

画像の倍率の確認

画像を編集して解像度を調整する(Photoshopでの作業)

上記でメモした画像の元データをPhotoshopで開きます(Illustratorからコピー&ペーストはせずに元画像を開いてください)。
上部メニューの「イメージ」>「画像解像度」でウィンドウを表示し、ウィンドウ下部の「画像の再サンプル」のチェックを外します。

画像の再サンプルのチェックをはずす

チェックを外したら、ドキュメントのサイズの「幅」か「高さ」の単位を「%」し、先にメモした倍率を「幅」か「高さ」に入力します。
すると「解像度」の数値が変わり、レイアウトされた倍率での解像度になります(解像度の単位が「pixel/inch」になっていることを確認してください)。
確認できたら一度「OK」ボタンを押し、作業を完了させます。

倍率の入力

もう一度「画像解像度」ウィンドウを表示し、「画像の再サンプル」にチェックをつけます。
チェック状態になったら、解像度に200〜350dpiの範囲で数値を入力してください。

ピクセル数が変更され、原寸サイズの状態で正しい解像度になりました。
元データを残したい場合は別名で保存し、Illustratorで再リンクし直してください。

解像度の変更

解像度の目安

  • 200dpi:

    仕上がりサイズが大きく、さらに画像を全面に使用したり、大きな画像を使用する場合

  • 350dpi:

    仕上がりサイズが小さい場合や小さな画像を使用する場合

ファイルの保存形式

必ずご使用になったバージョンのIllustrator形式(.ai形式)で保存してください。
万が一、下位バージョンで保存した場合、オブジェクトの効果などに不具合が生じる場合があります。
また、入稿データは不要なオブジェクトやレイヤーを削除し、できるだけデータを軽くした状態で保存してください。