水なし印刷

水なし印刷

水も空気も汚さない、環境に優しい印刷です

近年、地球温暖化などの環境問題に注目が集まる中、消費者の環境への関心は高まる一方です。
水なし印刷は、従来のオフセット印刷で使用する有害な薬品を使用しない印刷方式で、水も空気も汚さない、環境に優しい印刷です。
会社案内やCSR報告書などで環境対応をアピールしたいお客様は、ぜひ水なし印刷をご活用ください。

水なし印刷とは?

水なし印刷の前に

「水なし印刷」と言われても「紙の印刷に水を使っているの?」という点から疑問を持つ方が多いのではないでしょうか。
「水なし印刷」を理解するために、まずは弊社で導入している印刷方式である「オフセット印刷」について理解する必要がありますので印刷の基礎知識ページをご覧ください。

印刷の基本知識

オフセット印刷についてご理解いただけたでしょうか。
簡単にまとめると、印刷機での印刷は、CMYKの4色を重ね合わせて絵柄を構成するので、印刷データを4色に分解し、4色それぞれの「版」を作ります。

オフセット印刷の「版」は、平らな版なので、画線部と非画線部を分けるために印刷時に「湿し水」を必要とします。この「湿し水」に、有害な薬品が入っているため、「湿し水」を使わない「水なし印刷」が環境対応印刷として注目を集めています。

水なし印刷の仕組み

水なし印刷は基本的な印刷方式はオフセット印刷と変わらないため、オフセット印刷の一種になります。
異なる点は、「水なし」という名前にもある通り、印刷時に湿し水を使わないということです。
では、水なし印刷ではどのように画線部と非画線部を区別しているのでしょうか。

「版」の構造の違い

水なし印刷は、通常のオフセット印刷と「版」の構造が異なります。
通常のオフセット印刷の「版」は非画線部に「湿し水」という水を使用することでインキの油と反発させ画線部と非画線部を区別していました。

水なし印刷の「版」は、非画線部がシリコンゴムの層になっており、このシリコンが「湿し水」のようにインキを弾き、画線部と非画線部を区別しています。

版の構造の違い

前述の通り、通常のオフセット印刷は、印刷時に大量の「湿し水」を使います。「湿し水」には人体に有害な揮発性有機化合物※である「IPA」というアルコールが含まれており、その廃液は、水質汚濁防止法で定められた基準値をはるかに超えています。
しかし、水なし印刷は「湿し水」の代わりにシリコン層がインキを弾くため、「湿し水」を一切必要としない環境に優しい印刷が可能となります。

印刷時の違い

※揮発性有機化合物は、土壌汚染や水質汚濁を引き起こすだけでなく、大気中に放出されると、光化学反応によってオキシダントなどの二次汚染物質の発生に繋がります。光化学オキシダントは光化学スモッグの原因となる物質です。

「版」の現像方法の違い

水なし印刷の「版」は、構造だけでなく現像方法にも違いがあります。
通常のオフセット印刷(水あり)の版は、版の現像時にPH12以上の強アルカリ現像廃液が発生し、「特別管理産業廃棄物」として回収が義務付けられています。

一方、水なし印刷の版は、有害な廃液がほとんど出ない水現像方式で、現像処理後の排水は下水に流すことができます。
このように、現像方法においても水なし印刷は環境に優しいといえます。

版の現像方法の違い

バタフライマーク

このマークをご存知ですか?
この蝶のマークは「水なし印刷」で印刷された印刷物にのみ使用することができるロゴマークで、バタフライマークと呼ばれています。
オオカバマダラという環境の変化にとても敏感な蝶がモチーフになっています。
より詳しい説明は日本水なし印刷協会のバタフライロゴについての説明をご覧ください。

※バタフライマークは記載義務があるわけではないため、記載しないことも可能です。

バタフライマーク

水なし印刷のコスト

環境対応印刷ということで「水あり」に比べると、「水なし」は高価であると思われていますが、弊社はほぼ同等の価格で提供しています。
その理由は、湿し水を利用しないため、湿し水の管理の必要がないことや、現像時の廃液が発生しないという点で、版の値段やインキの値段の差を補っているためです。

水なし印刷の品質面のメリット・デメリット

水なし印刷を採用すると、通常のオフセット印刷と比べて、環境面では大きなメリットとなります。
品質面では、メリットとなることもありますがデメリットとなることもあります。
紙の品質、絵柄などと相談し、「水なし」と「水あり」のどちらの印刷方法が適しているのかを検討する必要があります。

水なし印刷の品質面のメリット

高品質の仕上がりが期待できます

「水なし」では、水を使わないため、特ににじみに起因したドットゲイン変調による色の変化を解消することができ、印刷物の色が安定します。また、凹凸のあるような紙に強く、平滑な紙と同じように印刷することが可能です。
メリット・デメリットという話とは別ですが、水を使わないことで、「水あり」よりも色がはっきり出ます。

「水あり」の場合、インキだけではなく、湿し水の量や汚れ、温度などの影響もでてくるため、管理には経験を要し、印刷部数が多い場合、品質を一定に保つことが困難な場合があります。

紙伸びが発生しない

「水なし」は水を使わないため、紙伸びが発生する心配がありません。
「水あり」では、紙によって、水を含むことで紙そのものが伸びることがあります。紙伸びが発生すると見当ずれなどの原因になります。

水なし印刷の品質面のデメリット

ピッキングが発生する

「水あり」のインキに比べると、「水なし」のインキは若干硬いため、紙が引っ張られることがあります。引っ張られることに弱い紙は、「水あり」に比べると不良を起こす可能性が高くなります。(紙が引っ張られる事をピッキングといいます)
頻繁に発生する問題ではありませんが、利用できる用紙が決定している場合、印刷方法を検討する際に考慮すべき問題となります。

静電気が発生する

「水なし」では、水を使っていないためシリコンとブランケット胴のゴムが擦れることで、静電気が発生します。紙が静電気を帯びるため、紙揃えが悪くなり、裏付き(ブロッキング)の原因になることがあります。
色が多く使われている、いわゆる重い絵柄の物などには不向きな所があり、印刷前に調整や検討が必要となります。

ゴースト絵柄が苦手

「水なし」はゴーストの出やすい絵柄への対応で、「水あり」と比べると苦手になります。ゴーストが出そうな絵柄の場合は、あらかじめ傾向を確認し、主にインキキーを調節することで対処します。

「水あり」もゴーストが出ないというわけではありません。「水あり」はインキの量だけではなく、湿し水の量を調節するなど、対処方法が何点かありますが、「水なし」の場合は主にインキの量で調節することになるため、「水あり」に比べるとゴースト絵柄への対策が苦手と言われています。

用語について

ドットゲイン(dotgain)とは
印刷物は網点を出力して色の見え方を調整していますが、インキを用紙に転写する際、水分量やインキ量、紙質など、様々な要素が影響し、網点の大きさが変化することがあります。この本来出力したい網点の大きさと、実際に印刷物に転写された網点の大きさの差をドットゲインと呼んでいます。
ブロッキングとは
印刷後にインキが乾く前に紙を重ねると、紙がくっついてしまう現象をブロッキングと呼んでいます。
ブロッキングの原因として、単純なインキの盛りすぎの他にも、湿度不足による静電気の発生、印刷物の積みすぎにより過剰な圧力がかかることなどが考えられます。
ゴーストとは
凸や凹の図柄に対して均一な色を塗るとき、図柄によってインキ量の過不足が発生し、面積の狭いラインは濃く、広いラインは薄くなってしまうことがあります。こういった現象をゴーストと呼んでいます。
ゴーストの対策として、インキの量が一定に保たれるように、インキを版につける前にインキローラーを揺らしてインキ量を均す、という工夫をしています。

環境対応印刷プラン「ECOnoMOTO」

弊社では、環境対応印刷プランとして、水なし印刷とカーボンオフセットを組み合わせた「ECOnoMOTO」というプランをご用意しております。

環境に優しい水なし印刷とその印刷物の製造時に排出されたCO2をオフセット(相殺)することで、さらにアピールすることができます。
詳細は環境対応印刷プラン「ECOnoMOTO」ページをご覧下さい。

環境対応印刷プラン「ECOnoMOTO」バナー