社内の雰囲気を伝えることに特化したパンフレットのデザイン

2018年05月16日

社内の雰囲気を伝えることに特化したパンフレットのデザイン
【アイセイ株式会社様】

構造物の点検・調査診断・解析・三次元計測を行っているアイセイ株式会社様。業務が忙しい時でも社内が明るく、暖かい雰囲気でコミュニケーションも活発だと社員皆さんが感じています。
今まで採用活動では、会社説明会に足を運んでもらわないと良さを伝えられないという課題がありました。そこで、“社内の雰囲気”を伝えることに特化したパンフレットを作成することになりました。

社内の雰囲気を伝えることに特化したパンフレットを

これまで、高校生の採用活動は求人票から募集するという方法で行っていたアイセイ様。
求人票には会社情報、仕事情報、労働条件などは書くことはできますが、働いている社員の姿や、社内の雰囲気を感じ取ってもらうのはなかなか難しいのが現状です。

会社説明会では自社の魅力を詰め込んた資料を用意し、足を運んでくれた方には社内の雰囲気を伝えられていたアイセイ様ですが、会社を知ってもらう段階から自社の良さを伝えたいという思いを持っていました。
そこで今回は業務内容を説明するような会社案内ではなく、社内の雰囲気を伝えることに特化したパンフレットを作成することになりました。

ヒアリングから感じたアイセイ様の結束力

ヒアリングで「どんなところに社内の雰囲気が良いと感じますか」と伺うと、次から次へと良いと感じることを教えてくださいました。
中でも印象的だったのは「繁忙期はとても大変ですが、みんなが一緒にいると思うと頑張れるんです」というお話です。
社員の年齢は様々で、新入社員もいれば中途社員もいる。現場仕事と事務所仕事に別れているなどの物理的な距離がありながら、皆さんが本当に明るく前向きで、アイセイ様の結束力の強さがわかる言葉でした。

これらのお話から、パンフレットでは業務の大切さはもちろん、「仕事も遊びも本気」というアイセイ様の姿勢や「アイセイで働くと楽しそう!」と思われるような楽しい雰囲気を伝えられる構成・デザインにしていくことに決めました。

「繋」の文字

さまざまな構造物を1日でも長く安心して使ってもらえるようにと日々点検を実施しているアイセイ様。それが人と人、街と街を繋ぎ、さらに未来へと繋がっていく。
社員の皆さんはそれを自覚し、プライドを持って業務にあたっています。その想いが「繋」の文字に込められています。
この文字はオリジナルで作成しました。

「繋」の文字

繁忙期の中でも進められるようにデザイン提案をたたき台に

11月末に第1回ヒアリングを行いました。そのときはまだまだ情報も足りない状態で、もう少し内容を詰めてからデザイン制作を行おうと思っていました。
しかしアイセイ様は12月〜3月半ばまでが繁忙期でその間は対応が難しいとのこと。パンフレットは4月から使いたいというご希望も考慮すると、実質使える時間があまりないということが判明しました。

そこで、12月半ば頃に早めにデザイン提案を行い、繁忙期の1月〜2月はデザイン提案をたたき台に社内での擦り合わせと足りない部分の補充を行ってもらいました。3月に入り、納品から逆算しながら制作・修正を進め、3月末に無事納品。
業務が忙しい中で本当に大変だったと思いますが、社員の皆さんで協力して擦り合わせや素材集めをしていらっしゃいました。ここでもアイセイ様の結束力の素晴らしさを感じました。

提出したデザイン提案資料

ヒアリングをもとに、業務内容をわかりやすく伝えるだけでなく、社内の雰囲気の良さも伝えるデザイン・構成を考え、デザイン提案を行いました。

思いをカタチにする内容・構成・デザイン・仕様

ターゲットは高校生。そこで全体的にわかりやすい内容になるように心掛け、以下のような構成にしました。

  • 表紙・裏表紙...会社概要
  • p2-3見開き...アイセイ様のアイデンティティ
  • 中面...社員教育・ワークフロー・働き方

また、フォントはゴシック系を選択し、見た目からも固くならないようにしました。
そして、アイセイ様の特長である「明るく、楽しく、前向き」なイメージに合うように、情報によってテーマカラーを設けることにしました。そうすることでページが変わるごとに色が変わり、視覚的にも楽しい雰囲気を感じられるようになります。
写真は全て社員の皆さんがこれまでの現場やイベントで実際に撮影されたものを使用しています。通常パンフレット作成時には写真を新たに撮り直すことが多いのですが、結果としてアイセイ様が伝えたかったリアルな日常を伝えられる紙面になったと思います。

仕様は「両観音折り」。開くごとに楽しさを感じます。用紙も手触りの良い優しい風合いのものを選択し、手に取った瞬間からあたたかい雰囲気を感じられるようにしました。
内容・構成・デザイン・仕様の全てでアイセイ様の思いをカタチにしていきました。

表紙、中面のデザイン

「点検」と一口に言っても作業内容は点検場所によっても様々です。
そこで実際の現場で撮影された写真を最初の見開きの上下に配置。詳しく説明しなくてもひと目で伝えられるようにしました。

両観音開きのデザイン パンフレットの詳細イメージ

開くことで見せ方が変わる「両観音折り」を活かした構成。
用紙は手触りの良い優しい風合いでアイセイ様のあたたかい雰囲気を演出。明るい雰囲気になるよう、白色度の高いものを選びました。

まとめ

「構造物の点検」という業務内容だけ見ると、自分に向いている職場なのかどうかが判断できないという方もいると思います。
このパンフレットはそういった方が業務の内容だけでなく社内の雰囲気や日常の風景、教育、働き方についても知ることができるものとなりました。
今後の採用活動に変化が出ることを期待しています。

仕様

  • A4サイズ
  • 8ページ 両観音折り
  • 制作:2018年

プロジェクトの流れ

STEP1(11月末)

ヒアリング
  • 現状の課題の確認
  • パンフレットの方向性の確認・決定

STEP2(12月半ば)

デザイン提案素材準備
  • ヒアリングをもとにページ構成を考える
  • デザイン制作
  • 写真選定
  • 画像加工

STEP3(1月〜2月)

アイセイ様社内で内容の検討
  • アイセイ様社内での内容の擦り合わせと足りない素材の補充

STEP4(3月)

修正製造
  • 内容修正
  • 追加画像加工
  • 校正
  • 印刷(当社のUV印刷機)
  • 折り加工