高品質印刷

高品質印刷

印刷物の彩度、ディテールを高める高品質印刷

高品質印刷とは、通常の印刷よりも細かいドット(網点)で画像を再現する印刷技術です。
弊社では、「XM Screening 240L」(クロスモジュレーションスクリーニング240線)を高品質印刷として採用しています。

木元省美堂の「XM Screening 240L」とは

一般的な印刷物は175線が主に使われます。
木元省美堂の高品質印刷は、240線を使用し、品質の高い印刷をご提供しております。

また、線数の違いだけでなく、弊社の場合は、0〜5%のハイライト領域と95%〜100%のシャドウ領域はFM羅列構造を利用したAMスクリーニングで表現し、5〜95%の中間領域はAMスクリーニングで表現するクロスモジュレーションスクリーニングを採用しております。

線数の違い(網点の違い)

線数とは、1インチ(約2.54cm)あたりにある網点の数を指します。線数が高い程、肉眼での網点が目立たなくなり品質の高い印刷物になります。
上記の画像でもわかるように、175線に比べて240線は一つ一つの網点の大きさが小さいため、画像の細部のディテールも表現する事が可能です。

線数の違い
175線の網点(左)、240線の網点(右)

XM Screening 240Lの仕組み

「XM Screening 240L」は、0〜5%のハイライト領域と95%〜100%のシャドウ領域をFM羅列構造を利用したAMスクリーニングで表現しています。

XM Screening 240L
XM Screening 240Lの仕組み
※2つの網点の画像は画像上部の階調の拡大画像ではなくイメージです。

下の2つの画像を見ると、AMスクリーンの特徴である均一な網点の羅列になっている事がわかると思いますが、所々ランダムに網点が間引かれている箇所があります。これがFM羅列構造を利用したAMスクリーニングです。
(下記の画像では、ハイライト領域はシアンの網点、シャドウ領域はマゼンタの網点が間引かれている事を示しています)

網点の間引き
ハイライト領域(左)、シャドウ領域(右)

高品質印刷の特徴

鮮やかで滑らかな仕上がり

高品質印刷は網点が微細なため彩度が高く、色調の再現域が広がるため、中間色の再現性が高まり、グラデーションが滑らかになる、色の濁りが軽減されて鮮やかになるといった効果があります。

特にグラデーションの滑らかさにおいては、クロスモジュレーションスクリーニングの効果で、飛んだり潰れたりして再現が難しいハイライト・シャドウ領域を滑らかに表現することが可能です。

絵柄や文字がはっきりする

高品質印刷は髪の毛などの細かい線でも非常に滑らかにきめ細かく表現することができ、印刷物のディテールを高めることが可能です。

モアレ・ロゼッタパターンを低減する

モアレとは、各色の網点が干渉することで発生する縞模様のことをいいます。
ロゼッタパターンとは、各色ごとの定められた角度で配置された網点によって発生する亀甲模様のことをいいます。

高品質印刷では、網点が微細なため肉眼ではほとんど見えず、網点同士の干渉で発生するモアレやロゼッタパターンを低減することができます。